2016公示地価

昨日、2016年の全国公示地価が発表されました

三大都市圏は3年連続の上昇

銀座では、公示地価で過去最高となる、
一平方叩4010万
一坪では、1億3千万超ですね

上昇要因として、
訪日客の急増によって深刻化するホテル不足
テナント賃料の値上がりでオフィス需要増
ホテル用地、オフィス用地、マンション用地
それぞれの開発業者による用地の取得激化

再開発による上昇

そして、金融機関による積極的な融資
昨年度は、不動産向け新規貸出額は過去最高で
10兆円を超えました。
マイナス金利が導入された事で、
更に不動産への資金の流れが予想されます。

全国平均みると地価は上昇していますが、
商業地では47都道府県の内、31県では下落し
住宅地では、37道府県で下落しています。
地方圏は、より二極化が進んでいます。

東京都心部ではオリンピック開催に向け、
更なる再開発が進み、今後も地価は上昇していくでしょう。

しかし、地価の上昇に反して
調達金利は低くなっています。

個人資金の運用先を考えると悩ましい時代ですが、
株式市場、為替市場は、世界情勢の影響で乱高下し
安定運用とはなりません。

将来の為に、老後破産しない為に、長期安定収入の為に
安定した収益が見込める運用先は?

弊社ANNEX・NEOでは
『東京都心・単身者向け・中古マンション投資』をオススメいたします。

少子高齢化が進む日本のなかでも
東京23区は19年連続人口増6.89万人(大半は20〜30代)となっています。

是非、弊社セミナーにご参加下さい。
メリットはもちろん、
リスクについてもお話させて頂きます



カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

中古マンション投資セミナー

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

著書紹介

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM